視力回復コンタクトとレーシック

視力回復コンタクトというのは、寝る時に着けるコンタクトレンズです。
寝ている時に視力回復コンタクトを着ける事で角膜にクセを付けます。
このクセが重要で、正しい位置で焦点を結べていなかった状態を解消する目的のために
視力回復コンタクトが存在します。
基本的に、近視用です。
遠視や老眼のための視力回復コンタクトも存在しない訳ではないようですが、
ごく軽度なものに限られるようです。
手術を必要としないという点で視力回復コンタクトは注目されていますが、
相応の条件が存在するという訳ですね。

視力回復コンタクトは日中メガネやコンタクトレンズを着用せずに済むものですが、
寝ている間は着けていなければなりません。
それも、短時間では効果が薄いため睡眠時間が少ない方では効果が現れにくいでしょう。
また、視力回復コンタクトは若者ほど効果が得られやすいものなので高齢者には
効きにくいという点にも注意が必要です。
視力回復コンタクトは万能ではなく、適切な使用方法を守る事で高い効果を発揮するのです。
そこでもう一つ、視力回復コンタクトと同程度に注目されているものを見てみましょう。
それはレーシックです。

レーシックも視力回復コンタクトも実は、やっている事自体は同じです。
何が違うのかというと、レーシックでは手術なので実際に角膜を削るのですが、
視力回復コンタクトは一時的な矯正が目的です。
塑性のある方がレーシックで、治療をやめれば元の状態に戻るものが視力回復コンタクトです。

視力回復コンタクトは日常的に行う必要がある、という点で少なからず煩わしさを覚える方がいるかもしれません。
日常が何より欠かせない大前提であり、睡眠時間が足りないと効果が薄いというのも視力回復コンタクトの弱みでしょう。
しかし、いつでも元に戻ります。

状況に合わせてレーシックなのか視力回復コンタクなのかを選んでいくと良いでしょう。
どちらも一長一短であり、必ずしも優劣をハッキリ付けられるものではありません。
ただ、子供の場合にはレーシックが認められていないようなので
視力回復コンタクトを利用される方が多いようです。
(レーシックを行う病院に問い合わせしたら、18歳以上でなければ手術できないそうです。)
子供であれば夜更かしのリスクも少なく、また効果が得られやすいために
視力回復コンタクトが勧められているようですね。

オルソケラトロジーの特徴

オルソケラトロジーの特徴は、従来の眼科的近視屈折手術と異なり非侵襲的で、酸素透過性の高いコンタクトレンズを夜間装用することで角膜形状を矯正し、レンズを外した後も一定期間裸眼視力を維持できることが大きな特徴です。

オルソケラトロジーは、寝ている間に視力を回復できるということが可能になったこれまでにない最新技術の医療法です。

オルソケラトロジーでの治療では酸素透過性を高めたレンズ素材が基盤となっており、オルソケラトロジーで使用されるレンズはアメリカ食品医薬品局 (FDA) でその安全性が認められたレンズの使用が推奨されています。

オルソケラトロジー

オルソケラトロジー(Orthokeratology)とは、オルソケラトロジーレンズと呼ばれる内面に特殊なカーブデザインが施されたハードコンタクトレンズを装着することで角膜形状を変形することによって視力を矯正し、主に近視などの眼科的屈折異常を治療する角膜矯正療法のことです。

オルソケラトロジーは視力回復(矯正)コンタクトレンズです。

ギリシャ語で「オルソ(Ortho)」は矯正、「ケラト(Kerato)」は角膜、「ロジー(logy)は学問・療法という意味があり、略してオルソケー(Ortho-K)とも呼ばれています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。