「お茶の水ハカセ」で紹介された視力回復法

「お茶の水ハカセ」(TBSテレビ 2月9日放送)に、 ビジョン・フィットネスセンターの中川和宏先生が出演。

ド近眼として有名なタレント「オアシズ・光浦靖子さん」の視力が0.6から1.5にアップ。
スタジオで行った時は「さまぁ〜ずの大竹さん」の視力が0.4から1.0までアップしていました。

基本は目の筋肉を動かすこと。

トレーニングの方法は、

1、目を強くつぶり10秒、上を見る。また、目を強くつぶり下、右、左と繰り返す。

2、目の前で8を逆さにした字を3回指で描き目で追い、次に指を奥から手前へ3回動かし目で追う。

3、脳に「見える!」と訴えかけることにより、目が情報を取り入れようとするので、
「見える!」と意識して、視力表を見るというものでした。


自宅でもできる、簡単なトレーニングですね。

我が家も子どもたちと一緒に、もちろん私も視力が悪いので、毎日やってみたいと思います。

ビジョン・フィットネスセンターの中川和宏先生は多数、著書も出版されています。


驚異の視力回復法



眼の老化は「脳」で止められた!



一番やさしい視力回復法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。